CATEGORY:撮影会

2017年12月21日

Photo Session 2017


2017年もあっという間に年の瀬が迫ってきました。
相変わらず更新の少なかった当ブログですが、今年も自宅で開催した撮影会についてまとめたいと思います。

余談ですが、今年の記事を振り返ってみて何か足りないような・・・と思ったら、今年はトイガン・フォトコンテストに応募していなかったんですね。
6年間応募し続けて来ましたが今年はサボっちゃいました(笑)
(一応何か撮ろうと思ってはいたんですが、撮影前日に飲みに誘われたのが運の尽き)

今年の撮影会は回数が少なく計5回。昨年の半分でした。
主に専属モデルさん(笑)のお仕事の都合によるものですが、私自身も休みはゲームの方に行く事が多く、特に今年はラストゲームまで参加したので秋以降の撮影もほとんどありませんでした。
ロケ撮影も計画する予定でしたが、結局開催できず。
来年は何とかしたいものです。


まずは今年始めの2月の撮影会から。

モデルは当スタジオ専属モデルのレブランさん。
この日はあまり大掛かりな撮影はせず、上半身の撮影だけ行いました。


ヘッドセット周りの装備が少し変更され、いつもよりすっきりした感じになっていますね。


テスト撮影に突然ナイキマン乱入。
その正体は謎に包まれていますが・・・。

灰汁さん、お手伝いありがとうございます!(笑)


この日の撮影はどちらかと言うと背景の実験がメインで、コンクリートの背景紙と斜めに入る光を試してみました。
尚、意図したわけではありませんがメインライトに使ったリフレクターがアイウェアに反射して、まるでザクのモノアイみたいになっています。
想定外でしたが表情作りとしては悪くないかも。


ポージングもいつもとはちょっと違う感じで。
元ネタはあるゲームのキャラクターからですが、撮っている時に頭に浮かんだのはあの場面・・・。


分かる人には分かる(はず?)w


最終的にはモノクロにしてこんな感じに。
背景の雰囲気は良く出来たのではないかと思います。


お次は3月の撮影から。
モデルはマンドレイク迷彩とブルパップをこよなく愛するJAF君。

ウチで撮らせてもらう方はあらかじめ装備がカッチリ決まっている場合がほとんどですが、当時発展途上で色々買い込み中だった彼は現場に来てから装備を組替え。
まぁこういう時が一番楽しいのは分かります(笑)
この時は装備に関して急遽最北さんに連絡してアドバイスを求めたり。

で、撮影開始。




この日はシンプルに白背景で。
足が長く見えるのは実は秘密があるんですが・・・ここでは伏せておきます(笑)


この日のメインライトはアンブレラですが、内面がシルバーのタイプを使ったのでかなりメリハリの強い写真になっています。
個人的にはこういう光は好みなんですが、これ以降の撮影ではディフューザーという光を和らげる幕を使って幾分光を落ち着かせて撮るようにしています。


トップライトをテスト中の一コマ。
思いがけず雰囲気のある写真が撮れましたが、本当はもっと高い位置から光を当てたかったところ。
一般家屋では天井が低くて思い通りのライティングが出来ないのが歯がゆいです。
専用スタジオ欲しいなぁ・・・。

ちなみに今のJAF君はヘルメットも買ってさらに重装備化が進んでおります(笑)


4月の撮影。
以前から一度は撮らせて頂きたかった最北の海豹さんの撮影。
満を持しての登場です(笑)

この日はモデルの最北さん以外に、お手伝い+見学で3人の方が参加してくれました。


レブランさんによる撮影前のチェック。
最北さんは着こなしが非常にキッチリしているので直す所がほぼ無いんですが、スタジオ撮影では微妙な傾きなども気になる事があるので最終チェックをお願いしました。
私は全然駄目ですが詳しい方が見てくれると本当に助かります。

記録的な写真になってしまいますが、まずは定番の白背景から。




改めて言うまでもないですが、高身長+その着こなしで写真映えがハンパない最北さん。
実に撮り甲斐があります。

しかしウチで高身長の方を撮る時は色々と問題もあります。
なにせ天井が低いので、撮影の際、壁と天井の境目が背景に写り込んでしまうんです。
しかもそのラインが頭を横切るように写り込んでしまうため、後の修正がまぁ大変。

ちなみにこれが撮って出しの写真。頭の付近にうっすらと見えるラインが天井との境です。

もっと天井の高い場所なら背景紙の位置を高く出来るのですが、それも叶わないので現状後処理でなんとかするしかありません。
しかしその後処理が大変で、頭と線が接触している部分を拡大表示して一枚ずつ丁寧に修正するのですが、枚数がハンパない上に白い背景は長時間見ていると目をやられるので想像以上に過酷な作業です。
簡単に見える白背景の撮影も、実は結構手間がかかっていたりするんですよね。


撮影中思い付きでやってもらった発砲の瞬間。
実際に撃っている訳ではなくスライドを引いて傾けているだけですが、なんとなく雰囲気出ますね(笑)
薬莢を足せばもっとそれらしくなるかも。
(9mmにしては反動強めに見えるかな?w)


皆で昼食を楽しんだ後、午後から最北さん持ち込みの国旗を背景にした撮影を行いました。
装備もフル装備へチェンジ。
なんかもう佇まいだけで圧倒されてしまいます。


まずは見学に来てくれたあいすさんにお願いしてテスト撮影。
あまりにも神妙な顔つきなので思わず笑っちゃいましたが、光の雰囲気は良い感じです。

そして本番撮影。
実はストロボ光ではなく、モデリングランプという補助光のみで撮影しています。


光と装備のかっこよさで良い雰囲気の写真が撮れましたが、反省点が幾つか。
詳しい方はお気づきかも知れませんが、実はこれ、国旗の向きが反対になってしまっています。

後で知ったのですが国旗の向きにはルールがあり、縦にする際、星条旗の場合は星の部分が左側になるように掲げるのが正しいそうです。
撮影時もなんとなく気に掛かってはいたのですが、調べずにそのまま撮影してしまいました。
後で修正しようかとも思ったのですが、かなり大変なので止めました。次回から気をつけたいと思います。

それと国旗のシワがやや気になるのでもう少しぼかして撮れば良かったかな・・・と思ったり。


せっかくなので参加してくれたみんなで記念撮影。
ウチでこういう写真を撮るのは非常に珍しいです(笑)


最後はこれもウチの定番、スモーク撮影。
光の方はあまり上手くいきませんでしたが、毎度の事ながら装備のかっこよさに救われています。


一人ではなかなか難しいスモーク撮影。
皆さんに手伝って頂いて本当に感謝です。
(撮影風景を撮ってくれたあいすさんにも感謝)

ナイトヴィジョンバージョンの撮影も。



ここからは後日加工した写真を幾つか。




滅多に無い機会なんだし、もっと上手く撮影できたらなぁ・・・。


最北さんは遠方にお住まいということもあり、途中でご帰宅。
貴重な機会をありがとうございました!


その後残ったメンバーで撮影続行。
レブランさんの新装備を少しテスト撮影させてもらいました。

今回もいろいろアシストしてくれたゆのちゃん。


レブランさんは今回A-TACS LEがベースの装備でした。


新しく買ったフィルターでカラー撮影を試してみたんですが、淡い色のフィルターではどうにも物足りなくなってしまい・・・。



結局いつものド派手なカラーになってしまいました(笑)
ディティールはぶっ飛ばしてしまいましたが、やっぱりこういった力強い写真が好きです。
(繊細な写真が撮れないだけかも)

後日加工した写真。

こういう広告や表紙風の写真はやっぱり好みですね。
ミリタリー界隈では一般的に(戦場写真としての)ミリフォト風や報道写真風が好まれると思いますが、自分はやっぱりこの路線で進もうと思います。

続きは後編にて。






同じカテゴリー(撮影会)の記事画像
WHITE ROCK 2017 ③
WHITE ROCK 2017 ②
WHITE ROCK 2017 ①
Photo Session 2016 ②
Photo Session 2016
春の撮影会
廃墟撮影会
撮影オフ会

Posted by copycat  at 20:19 │Comments(0)撮影会

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。